Skip to content

金運のある人がもつ手相とは

もっとお金が欲しい、お金持ちになりたい、玉の輿に乗りたい、などなどお金に関する悩みや願望を抱いている人は多いものです。

そこで、自分には金運があるのかどうか、手相を見て調べてみましょう。金運のある人が持っている相にはいくかの種類があります。お金を生み出す運を持つ相は、財運線と言います。これは小指のつけ根から下に向かって伸びる線のことで、これがあれば財を蓄える力を持っていることを示しています。お金を蓄えて増やすことに長けているため、将来大きな財を手にできる可能性があります。しかし、少々ケチなところがあるので、必要なときには財布のヒモを緩めてすださい。

玉の輿に乗りたい場合は、玉の輿線があるかチェックです。これはその名の通りお金持ちと結婚できる手相で、結婚線が金運線を横切っている相のことを言います。この相を持っている人は、大金持ちと結婚して大金を得ることができるかもしれません。仮にこの線があるのに、夫や妻がお金持ちではないといった場合、夫婦2人で財を成す可能性があります。あるいは、結婚した途端に自分の仕事が上手くいき、収入が跳ね上がったりすることもあります。

そして最強の相と言えば、覇王線です。この線は、天下を取った将軍や大企業の社長などに持っている人が多いとされる相で、お金を生み出す運と増やして貯める運の両方を兼ね備えた最強の金運線であり、億万長者の手相です。金運線と財運線が運命線に向かって伸び、三角形を作っている相が覇王線です。とても珍しい線ですが、とにかくお金に愛される人です。貯めても良し、起業しても良しの抜群の相で一代で億万長者になれるかもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *